RSS Feed

インテリっ子

FXのツールとか手法は豊富にある

30/01/2018

FX取引を展開する中で出てくるスワップと称されているものは、外貨預金でも貰える「金利」だと考えると分かりやすいでしょう。

だけど丸っきし異なる部分があり、スワップという「金利」は「貰うこともあれば支払うことだってあり得る」のです。

スキャルピングという取引法は、意外と推測しやすい中長期に亘る経済変動などは考慮せず、一か八かの勝負を即座に、かつ間断なく続けるというようなものだと思います。マックス岩本の1秒スキャルFXを参照

FXで言われるポジションと申しますのは、必要最低限の証拠金を口座に入れて、カナダドル/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを指すのです。因みに、外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。

実際のところは、本番トレード環境とデモトレード環境を対比させますと、本番のトレード環境の方が「一度のトレードあたり1pips程儲けが減少する」と理解していた方がよろしいと思います。

FXをやりたいと言うなら、最優先に行なっていただきたいのが、FX会社を比較して自分にピッタリ合うFX会社を選定することだと言えます。FX会社を明確に比較する上でのチェック項目が複数あるので、1個1個解説させていただきます。

スプレッドと言われるのは、為替レートにおける「買値と売値の差額」のことを指します。

このスプレッドこそがFX会社の収益であり、それぞれのFX会社でその設定金額が異なるのが普通です。

スプレッドに関しましては、FX会社により違っていて、プレイヤーがFXで収益をあげるためには、買いのレートと売りのレートの差が小さいほど得すると言えますので、その部分を加味してFX会社をセレクトすることが必要だと思います。

FXでは、「外貨を売る」という状態から取引を始めることもできるのですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになるのです。

まったく一緒の通貨でありましても、FX会社それぞれで付与されることになるスワップポイントは異なるのが通例です。各社のオフィシャルサイトなどで予めチェックして、できる限りポイントの高い会社を選択しましょう。

FX会社個々に仮想通貨を用いての仮想トレード(デモトレード)環境を一般に提供しております。本物のお金を使わないでデモトレード(トレード訓練)が可能なので、兎にも角にも試していただきたいです。

FX口座開設が済んだら、本当にFX取引をしなくてもチャートなどの閲覧はできますので、「今からFXの勉強を始めたい」などと考えていらっしゃる方も、開設すべきだと思います。

FXの最大のウリはレバレッジだと断言しますが、確実に知識を頭に入れた状態でレバレッジを掛けませんと、専らリスクを上げるだけになるはずです。

スイングトレードで収益を出すにはそれなりの売買の進め方があるわけですが、それもスイングトレードの基本がわかっていることが前提です。先ずもってスイングトレードの基本を学びましょう。

為替の動きを予測する為に欠かせないのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートの変動に目を付けて、今後の値動きを類推する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。

FXを行なっていく際の個人に許されたレバレッジ倍率は、従来までは最高が50倍だったことを考えますと、「今現在の最高25倍は低い方だ」と主張している方を目にするのも当たり前ですが、25倍であっても満足できる収益はあげられます。