RSS Feed

インテリっ子

離婚の合意書は必ず作ることをお勧め

17/06/2014

離婚届が受理されたあとで、そんな約束をした覚えはないというトラブルにならないように合意書は必ず作ることをお勧めします。ただし、約束が守られなかった場合、「離婚に関する合意書」では法的な執行力はありません。お金に関する事項が含まれている場合は「強制執行認諾約款付き公正証書」を公証人役場で作成しておくべきです。

なお、合意書に記載されていても無効になるものがある場合があります。お互いが、離婚時に納得していても、違法な合意内容に当たるものについては無効とされます。例を挙げておきます。

・子の養育費請求権の一切の拒否
・面接交渉権のはく奪・放棄
・親権者変更の申立てをしない
・子が一定の年齢に達したあとは、親権者を変更する
・離婚後、婚姻中の姓を使用しない
・違法な高率の延滞利息

具体的な例で言えば、合意書に「養育費を請求しない代わりに、交換条件として相手には二度と子どもに会わせない」と、記載したとします。これは「子の養育費請求権の放棄」と「面接交渉権のはく奪」ですが、これらは不適法な合意とされ一般的には効力はないとみなされます。

養育費や面接交渉権は子の権利でもあり、我が勝手に放棄したり、はく奪したりすることは違法であり許されないからというのがその理由です。

一時金として養育費を受け取り、「これ以上請求はしません」という約束の場合は、義務者同士の義務負担の方法についての取り決め、と見ることもできるので、一概に無効とすることもできない、という判例もあります。渋川良幸の【離婚調停成功マニュアル】がとても役立ちます。

■離婚にならないように良い出会いと恋愛をしましょう

出会い系サイトは、大多数を占めるのが友達付き合いからのスタートとなる出会いと言えます。純然たる真剣な出会いを必要としているなら、高確率で出会える名高い婚活サイトに申し込むことから始めましょう。

事理明白ですが、10代の女の子からの恋愛相談をスムーズに終わらせることは、ご自身の「恋愛」からしてもとても肝心なことになります。

出会いを待っているなら、伏し目がちな表情は終わりにして、極力視線を上げて愛想の良い顔を維持することをお薦めします。口元をにっこりさせておくだけで、話し方まで向上します。

彼女と過ごすと嬉しいな、安らぐな、とか、つながる中でようやく「あの同僚の恋人になりたい」という愛情を見出すのです。恋愛というものにはそういった過程が肝要なのです。

常にアンテナを張り、多種多様な行事に参列するも、長いこと出会いがない、と嘆く人の多くは、固定観念にとらわれすぎて見逃しているだけとも言えます。

100人以上も積極的に近づけば、将来的にはファンタスティックな相手に遭遇するはず。購入したポイントで利用するシステムではなく、無料の出会い系サイトであればこそ、そんなワンシーンを無料で用意してもらえるのです。

出会いの巡り合わせがあれば、完全に恋愛に発展するなんていうウマい話があるわけないです。逆に言えば、相手を好きになったなら、何の変哲のないところでも、2人の出会いの空間へと昇華します。

彼氏をGETした女子や交際中の男の子、奥さんのいる人やお付き合いしていた人にサヨナラしたばかりの人が恋愛相談をする状況だと依頼した人に恋している可能性が非常にあります。

女性の仲間内で遊んでいると、出会いはあれよあれよという間に姿を現さなくなってしまいます。友達付き合いは重要ですが、アフター5やお休みの日などは意識して誰とも遊ばずに動くと世界も変化します。

真剣な出会い、諸裏的には結婚へとつながるような付き合いを考えている独身女性には、結婚にガッついている方たちがワンサカいる健全なコミュニティを訪れてみるのが効果的だと言われています。

名高い無料の出会い系サイトの場合、ユーザーが見る自サイトのどこかにクライアントの広告を載せており、そのフィーでサイト運営を行っているため、使う側としては無料でOKということになるのです。

近頃では、女性が好む雑誌などにも大量の無料出会い系のCMがあります。目にしたことがある無料出会い系なら…という若い女性の入会希望者が今、続々と増えています。

女の人用の美容雑誌で記載されているのは、大部分が嘘八百の恋愛テクニックと言えます。こんな手段で相手の男性と恋仲になれるなら、こんなにたくさんの女の人は恋愛に成功しないわけがありません。

帰りが遅い…浮気なの!?とかダーリンが謎に包まれてるとか、恋愛は悩みという障壁があるから成長できるっていうことも否めないけれど、悩みすぎた結果、社会生活に悪影響が出始めたら黄信号。

親しい女子から恋愛相談を切り出されたら、要領よく耳を傾けないと、頼もしいと感じてもらえるなんてことはなく、むしろ幻滅される事態なので気をつけましょう。