RSS Feed

インテリっ子

犬のしつけ人間の子供との相性

27/07/2011

子供は犬と仲良しだと思われがちですが、そうともいえない面があります。遊んでいるうちに、じょじょにエスカレートしてしつこくなってゆくケースです。

耳を引っ張ったり、長い毛をつかんだりと、案外子供は過激です。始めのうちは犬も我慢をしているでしょうが、あまりにも痛い思いをしたり、急につかまれたりしているうちに、怒り爆発ということで咬みついて来ることがあります。

それと子供は大人と比べてチョコチョコ動くせいもあって、犬の興奮や緊張をあおる面もあります。子犬が小さいうちから、人間の赤ちゃんや子供を見せたり会せたり・・と慣れさせておきましょう。

柴犬のしつけ方

うつ病で予想される治療の時点を伝える

21/07/2011

あるうつ病患者さんが「出口のない長いトンネルに入ってしまったようだ」と言ったことがあります。

現在の苦しみと将来に対する不安を如実に物語っている言葉です。

うつは必ず治る病気であること、どれくらい休養をとって治療に専念したらよいのか、今はつらくてもどれくらいで治るのかを示すことは必要不可欠のことなのです。

それは、真っ暗闇のトンネルの中で出口の灯りを指し示すことであり、しばらく待てば何とかこのトンネルを抜けることができるという安心感を与えることでもあります。

うつ病の治療期間は、今のうつ状態が治って本来の状態まで回復するのに約三ヵ月かかります。これは平均の期間ですから、一ヵ月で回復する人もいれば、平均以上にかかる人もいます。

うつの治療とは

症状がほとんど消失しても、抗うつ薬の量は減らさないでその後約六ヵ月は服薬を続けるべきと考えられています。服薬を早くやめてしまうと、再発する可能性が高くなるのです。

その後、二カ月かけて徐々に抗うつ薬を減量していき、それでも状態が安定していれば服薬を中止し、治療を終結することができます。

遺伝するハゲ・薄毛と遺伝しないハゲ・薄毛

12/07/2011

遺伝するハゲ・薄毛と、遺伝しないハゲ・薄毛があることが分かってきました。

ハゲや薄毛には「てっぺんタイプ」と「ひたいタイプ」がありますが、このうち、「てっぺんタイプ」は遺伝しません。

「てっぺんタイプ」の人は、誰しも非常に強いストレスを抱えていたり、暴飲暴食や睡眠不足など生活スタイルが不規則だったりします。こういった生活の乱れが、新鮮な血液を頭皮に循環させることの妨げになります。

つまり、遺伝という内部の問題ではなく、外的要因によってひき起こされているハゲ・薄毛な
のです。

育毛剤シャンプーを使わない育毛・発毛法【極楽育毛革命】

顆粒球が多いマジメ人間は、円形脱毛症になる方が多いように感じます。

円形脱毛症は、実は、慢性リウマチなどと同じように、自己免疫疾患です。ということは、リンパ球が自分の組織を攻撃して起こる疾患なのです。髪の毛にとっては味方のはずのリンパ球がなぜ? いや、それなら顆粒球人間はならないのでは? と思うかもしれません。

たしかに、初めはリンパ球が攻撃をするのですが、次第に顆粒球の攻撃へと転じていくのが円形脱毛症なのです。髪を本当に攻撃するのは、やはり顆粒球だったのです。リンパ球のバランスが崩れると、顆粒球のバランスも崩れていくということです。