RSS Feed

インテリっ子

腰痛改善ストレッチのみを競技練習の時間とは独立させて行う場合

14/04/2011

腰痛改善ストレッチのみを、競技練習の時間とは独立させて行う場合もあります。この場合は、「柔軟性向上の長期効果」、「筋肉をほぐすコンディショニング効果」を主目的として行います。

上記のいずれの目的で行う場合においても、腰痛改善ストレッチを行うときは筋肉がある程度温まった状態で行います。筋温が高くなると、筋肉の材質としての弾性が下がり、筋肉の緊張が解けて、筋肉を伸ばしやすくなるからです。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD

腰痛改善ストレッチをクールダウンで行う場合や、競技練習の中で柔軟性のトレーニングとして行う場合などはすでに筋肉が温まった状態になっていますが、それ以外の場合は事前に筋肉を温める行為が必要になります。ジョギングなどの数分ほどの軽運動を行ってからストレッチングを行います。

室内で行う場合は、その場でジョギングなどを行うと良いでしょう。入浴後や入浴中などに行うのも良い方法です。

体が柔らかくなるストレッチ法のおすすめDVD
体の柔軟性を向上させる方法
体を柔軟にするストレッチ
硬い体を柔らかくする痛くない裏技