RSS Feed

インテリっ子

不妊症治療はそのメカニズムや妊娠周期も知っておかないといけないようです

13/05/2012

不妊症治療はそのメカニズムや、妊娠周期も知っておかないといけないようです。

結核が多かった時代は、この卵管が筋層まで冒されて閉塞してしまい、受精が起こらないことが多かったのですが、最近は子宮内膜症やクラミジアが原因で、卵子を卵巣から取り込むためにヒトデのような構造を持っている卵管釆が荒れてつぼんでしまったり、袋のように閉じて水腫になったりしているケースが増えています。

不妊症治療では、卵管の周囲に癒着があると、卵管自身の受精卵を輸送する能力も悪くなります。子宮内膜症では、初期の段階から腹膜腔内の癒着ができて、こうした障害が片側から徐々に進んで、やがては重症の障害になりますので、早期の診断と治療が必要です。

不妊症 譚定長さんの改善法は実績があるようでした。

生理痛には体のなかのさまざまなホルモンが作用

16/04/2011

生理痛には体のなかのさまざまなホルモンが作用しています。

これらのホルモンは生理の周期、つまり、約一か月ごとに一定のサイクルで増減を繰り返しています。

一方、女性が生まれてから死ぬまでの長いサイクルでもホルモンは増減します。

この一か月のサイクルと、一生のサイクルとはよく似ているところもあるのです。このホルモンの変動によって女性は、生理だけでなく心身にさまざまな影響を受けていますが、男性にはこういった変動はあまりありません。

続木和子の生理痛改善

つまり、女性は、一か月の単位でおし寄せる小さな波を経験しながら、一生の間に迎える大きな波を乗り越えていくのです。

いわば生理は、女性の一生の縮図のようなものなのです。生理とどうつきあうのかは、どんな人生を送るのか、ということと密接につながっているのです。