RSS Feed

インテリっ子

パニック障害 治療は一時的に症状を消すだけのような治し方はいけません

13/09/2012

パニック障害 治療は、一時的に症状を消すだけのような治し方はいけません。

パニック障害の患者さんの中には、自分の症状に関して思い悩みつづける人もいるようなんです。

患者さん達は自分の身体に適切な、パニック障害 治し方をせずに、医者から医者へと駆け回って、魔法のようによく効く治療法を探すのです。

パニック発作は精神障害なのだろうか、あるいは深刻な病気の確かな徴候ではないだろうか、とひそかに不安すると発作は繰り返し起こり、パニック障害 治療をできるチャンスを与えていないからです。

感覚や症状を気にしないでいると、いつかは身体が「元に戻ります」。時間が癒してくれる、とよく言うように、抱えているストレスがどのようなものであっても、遅かれ早かれ過ぎ去ってしまいます。

あるいは、順応できるようになります。パニック障害 治し方はこのように自然が一番です。

糖尿病 合併症は本当に怖いと、糖尿病治療 藤城博さんが解説していました

03/06/2012

糖尿病 合併症は本当に怖いと、糖尿病治療 藤城博さんが解説していました。

糖尿病は各種生活習慣病の発生、悪化の母体になるようです。血糖はべとべとしているので、赤血球などをくっつけ合って血栓を引き起こします。その結果、脳梗塞や心筋梗塞、壊疸などの、糖尿病 合併症を起こしたり、腎臓や網膜の細い血管をボロボロにして人工透析や中途失明の原因になったりします。

血糖値が急上昇すると、糖尿病性昏睡をきたし危険です。糖尿病は、はじめは痛くもかゆくもないので、よけいにたちがわるいのです。

高血圧 原因の合併症も同じですので怖いですね。