RSS Feed

インテリっ子

アフィリエイトをする場合のホームページの内容の型

11/09/2011

ASPやECサイト側には、アフィリエイトを広告媒体と見る考え方はまだまだ少なくありません。

つまり新聞や雑誌のように、記事を読みたいと思う読者がいるメディアに、広告を掲載すると捉え、たまたま報酬スタイルが成果報酬であるだけと考えています。

アフィリエイトASPなどによる事前審査も、多くの場合、広告媒体として審査されます。ゆくゆくはショップ型でやりたくても、最初は雑誌型からスタートするケースがしばしばです。

自分ならではの情報で市販雑誌と差別化
とりあえず審査通過とアフィリエイトの練習だけが目的と割り切れば、あまりくわしくない分野でも始められます。

でも、本気で雑誌型ホームページを作るつもりなら、単に得意というだけでは足りません。書籍や雑誌にはない、独自の情報が求められます。

小澤竜太の【アフィリエイトディスカバリー】

市販の出版物はどうしても、話が一般的になりがち。つまり不得意な分野はマイナー情報と、消費者の実感ある生の声です。インターネットで個人がマスコミ媒体に勝つアフィリエイトのポイントはここにあります。つねに自分ならではの視点を入れましょう。

またアフィリエイトホームページを作る前に、同じ分野ではほかにどんなホームページがあるのか、競合相手を調べ、相手と重ならない部分で勝負するようにしましょう。

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.