RSS Feed

インテリっ子

不動産投資で空室リスクを軽減する方法

17/04/2011

不動産投資で空室リスクを軽減する方法をご紹介します。

・空室が出ないような優良物件を購入する
優良物件を取得することが最大のリスクヘッジであり、不動産投資の成否を左右する最大の課題です。

・人気のあるエリアで物件を購入する
都心と地方の地価は二極化する傾向にあり、エリア選びは一層重要になってきています。

・物件の魅力を高める
リフォームの実施や設備の充実などにより物件の価値を高めることで、空室期間を減らす工夫ができます。

・家賃を値下げする
長期間空室にしておくよりは、少し家賃を下げても部屋を埋めてしまったほうが得策の場合もあります。空室が出てもすぐに埋めるための値下げ余力をもった物件取得が重要です。

・所有する物件数を増やす
例えば、マンション1室のみや一戸建てのみを運用している場合、空室が出た瞬間に、稼働率が100%から0%に下がります。アパート1棟やマンション1棟など保有物件が10室あれば、1室が空いても90%は稼働しているので、保有物件が多ければ多いほど空室リスクは下がると考えられます。

・空室保証(サブリース、一括借り上げ)を利用する
空室保証(サブリース)とは、毎月一定の管理手数料を払えば、空室が出ても不動産管理会社が家賃を保証してくれるサービスのことです。

管理手数料は賃料の10~20%と少し高めですが、安定した収益を確保できます。ただし、この手数料は数年ごとに契約見直しが行われるのが通常です。契約期間と契約解除の条件をきちんと確認しなければなりません。

村田幸紀の不動産投資ロケット戦略

また、苦労せずに空室を埋められるような新築物件や競争力の高い物件には利用しないなど、状況に合わせて検討します。

入居者がいても家賃が入ってこないという、厄介な問題が滞納。滞納保証会社のサービスを利用することが最善策となります。

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.