RSS Feed

インテリっ子

うつ病で予想される治療の時点を伝える

21/07/2011

あるうつ病患者さんが「出口のない長いトンネルに入ってしまったようだ」と言ったことがあります。

現在の苦しみと将来に対する不安を如実に物語っている言葉です。

うつは必ず治る病気であること、どれくらい休養をとって治療に専念したらよいのか、今はつらくてもどれくらいで治るのかを示すことは必要不可欠のことなのです。

それは、真っ暗闇のトンネルの中で出口の灯りを指し示すことであり、しばらく待てば何とかこのトンネルを抜けることができるという安心感を与えることでもあります。

うつ病の治療期間は、今のうつ状態が治って本来の状態まで回復するのに約三ヵ月かかります。これは平均の期間ですから、一ヵ月で回復する人もいれば、平均以上にかかる人もいます。

うつの治療とは

症状がほとんど消失しても、抗うつ薬の量は減らさないでその後約六ヵ月は服薬を続けるべきと考えられています。服薬を早くやめてしまうと、再発する可能性が高くなるのです。

その後、二カ月かけて徐々に抗うつ薬を減量していき、それでも状態が安定していれば服薬を中止し、治療を終結することができます。

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.